歯科で作るクラウン

歯科で前歯を治療する場合

トップ

歯科のセラミック情報

前歯は長い目で歯科相談を

差し歯は、虫歯を削った上に被せる歯で、クラウンと呼びます.歯科での前歯のクラウンは保険適用では硬質の白いプラスティックです。メリットは安価点です。デメリットは、プラスティックのため力が入る部位に使えない点と、経年変色で黄色くなる点です。そのため、歯を綺麗に見せるには、セラミッククラウンを使います。セラミッククラウンはメタルボンドとオールセラミックスがあります。どちらも見た目ためは綺麗ですが、構造上の若干の違いがあります。表面はどちらもセラミックです。メタルタイプは強度を出すため、セラミックの内側が金属です。もう一つはオールセラミックスで、金属アレルギーのある方や、透明感のある白さを求める方に向いています。歯は長い付き合いです。審美歯科に相談されるのもよいです。

オールセラミックとメタルボンド

白い歯には誰もが憧れますよね。笑ったときに金属が見えるのは、抵抗がある方も多いのではないでしょうか。そこで、歯科ではセラミックという白いかぶせものがあります。まず、オールセラミックという全てがセラミックで出来たかぶせものです。歯の色に合わせて作りますので、非常に見た目が良く、変色しません。金属を使用しないので、金属の溶け出しによる歯や歯茎の変色がありません。他にも、メタルボンドという中身は金属で、外から見える部分にのみセラミックを貼り付けたかぶせものもあります。色調はオールセラミックに劣りますが、これも見た目が良く、変色しません。しかし中身が金属なので、金属の溶け出しによる歯茎の変色がおこる可能性があります。多少費用を抑えることができます。どちらも高額な治療なので、歯科で良く相談しましょう。

© Copyright 歯科で前歯を治療する場合. All rights reserved.