歯科の比較をする

歯科と詰め物の選び方

トップ / 歯科と詰め物の選び方

歯科のセラミック情報

歯科で埋め込む金歯について

歯科では様々な治療を行います。虫歯が出来てしまった場合には、詰め物をしなければいけません。また歯を失ってしまった場合には、新しい義歯を入れる必要があります。詰め物に金を使いたいという人もいます。失ってしまった歯に金歯を入れたいという人もいます。他のものよりも高額になってしまうことがあるので、しっかり考えて行っていかなければいけません。歯科も治療を受けるところによって金額が異なってくることもあるので、比較をすることが出来れば助かります。クチコミサイトをチェックしてみるのも大変参考になってくるのです。

金歯での治療について

歯科治療で一番歯に適しているかぶせものは何でしょうか。保険のかぶせものは金銀パラジウム合金と呼ばれる金属を使用しますが、これは硬すぎて、歯の根や咬み合わせに負担がかかることがあります。そこでゴールドクラウンという、金合金や白金加金などの貴金属を使用したかぶせものです。いわゆる金歯と呼ばれるものです。現在最も良い、歯科用金属であると言われています。もちろん強度もありますが、適度に柔らかく、丁度良い咬み合わせまですり減ります。適合も良く、二次的な虫歯になりにくいでしょう。とても良い金属ですが、保険が適用されず自費治療です。費用がかかる治療なので、しっかりカウンセリングをうけましょう。

© Copyright 歯科で前歯を治療する場合. All rights reserved.